うさぎのレリーフ

2003年9月末に完成した札幌の幌南学園幼稚園 レリーフの製作過程と「うさぎたち」を紹介します。

幼稚園で過ごした時間が、印象深く楽しい思い出として心に残るように・・・との思いから、子供たちの日々の成長を見守るシンボルとして、動物をデザインすることにしました。

どの動物にしようかいろいろ考えたすえ、身近で親しみやすく快活で、自分からは声を出さない「うさぎ」に決めました。

園内の「うさぎたち」が、友達として、またある時は親や先生、兄弟、動物として、いつも一緒に過ごすのです。

<デザイン・コンセプト>
子供たちの成長を優しく、おだやかに受け入れる場
・使いやすく心地よい感触
・安全と健康への配慮
・統一感のある美しいデザイン

子供たちの心に残る幼稚園
・美しいものや素材に出会う
・日々の成長を見守るもの
・ともに育ってゆくもの
・園内行事の演出
・受け継がれるストーリー

イメージが決まったら、実際の大きさ(3m×1.35m)の1/10でデザイン画描きます。これに樹種や板の厚さ、加工の仕方などの指示をいれます。また必要に応じて、原寸大の部分模型や塗装の見本も作ります。

ここから先は、いつも制作をお願いしている(有)クリエーション工房さんとの共同作業です。原寸図をチェックしてから、クリエーション工房さんが実物の制作にかかります。

今回のレリーフでは、新しい試みとして「そろばん玉」を使ってみることにしました。

これは『播州そろばん』の産地としてとして有名な兵庫県で、30年前までそろばんを作っていた方から、いろいろな種類の「そろばん玉」を譲り受けたことがきっかけです。日本の伝統工芸の技術が生かされた「そろばん玉」の感触は指先に心地よく、パチパチと音をたてていると楽しい気分になります。

子供たちに、ぜひ触らせてあげたいと思いました。

 全体の切りぬきが終わり、仮組みしたところ。

 全体の切りぬきが終わり、仮組みしたところ。

  部分ごとに、顔料系塗料で着色していきます。

 部分ごとに、顔料系塗料で着色していきます。

  「そろばん玉」は、黒檀・柘植・樺・紫檀など

 「そろばん玉」は、黒檀・柘植・樺・紫檀など

 これで完成!

 これで完成!

 各ピースごと高さを変えたり、削ったり・・・

 各ピースごと高さを変えたり、削ったり・・・

  大好きなデージー(時しらず)の花。

 大好きなデージー(時しらず)の花。

 最後に私がミニ・ルーターでサインを入れました。

 最後に私がミニ・ルーターでサインを入れました。

次は、取り付けです。

現場の壁に原寸図を貼って、位置決め。

現場の壁に原寸図を貼って、位置決め。

取り付け完了。  他の「うさぎたち」を紹介します。

取り付け完了。他の「うさぎたち」を紹介します。

「掲示板うさぎ」

「掲示板うさぎ」

玄関のくつ箱の「立ちうさぎ」 そして・・・

玄関のくつ箱の「立ちうさぎ」 そして・・・

ベースを付けてから、ピースを組んでゆきます。

ベースを付けてから、ピースを組んでゆきます。

「階段うさぎ」階段仕切り壁のまる穴の両面レリーフ

「階段うさぎ」階段仕切り壁のまる穴の両面レリーフ

トイレの「3匹うさぎ」

トイレの「3匹うさぎ」

玄関の外には、お迎えと見送り役  の「玄関うさぎ」

玄関の外には、お迎えと見送り役の「玄関うさぎ」